RISKS COVERED
①Risks
②General Average

EXCLUSIONS

<I.C.C.(2009)第5条と同様>

DURATION
⑤Transit Clause
⑥Change of Voyage


CLAIMS
⑧Insurable Interest<I.C.C.(2009)第11条と同様>
⑨Increased Value<I.C.C.(2009)第14条と同様>

BENEFIT OF INSURANCE
<I.C.C.(2009)第15条と同様>

MINIMISING LOSSES
⑪Duty of Assured<I.C.C.(2009)第16条と同様>
⑫Waiver<I.C.C.(2009)第17条と同様>

AVOIDANCE OF DELAY
<I.C.C.(2009)第18条と同様>

LAW AND PRACTICE
<I.C.C.(2009)第19条と同様>

NOTE<I.C.C.(2009) NOTEと同様>


※ICC(1982)貨物約款との変更(追加・削除等)箇所は、英文を赤字で表記しています。





RISKS COVERED

Risks

1 This insurance covers, except as 
excluded by the provisions of Clauses 3 and 4 below, loss of or damage to the subject-matter insured caused by
1.1 war civil war revolution insurrection, or civil strife arising therefrom, or any hostile act by or against a belligerent power
1.2 capture seizure arrest restraint or detainment, arising from risks covered under 1.1 above, and the consequences thereof or any attempt thereat
1.3 derelict mines torpedoes bombs or other derelict weapons of war.



【要 旨】
担保危険

危険

第1条 この保険は、下記(免責事由)第3条および第4条の規定により除外された場合を除き、以下の事由によって生じる被保険貨物の滅失または損傷を補償します。

1.1 戦争、内乱、革命、謀反、反乱もしくはこれらから生じる国内闘争、または敵対勢力によってもしくは敵対勢力に対して行なわれる一切の敵対的行為

1.2 上記第1条1項で担保される危険から生じる捕獲、拿捕(だほ)、拘束、抑止または抑留およびそれらの結果またはそれらの一切の企図

1.3 遺棄された機雷、魚雷、爆弾またはその他の遺棄された兵器


【注 釈】
第1条2項の規定で、従来より戦争危険と考えられていた「平和時の国家権力の発動に伴う捕獲,拿捕等(例えば、海上における廃棄処分命令損害、領海侵犯による捕獲拿捕損害等)」については担保されません。この差異をなくすために各保険会社は、特別約款を規定し補償の範囲としています。

下記が特約の一例です。

EXTENSION CLAUSE FOR MAR FORM

Notwithstanding anything contained herein to the contrary, it is specially understood and agreed that the words “arising from risks covered under 1.1 above” in clause 1.2 of the Institute War Clauses (Cargo) shall be deleted, and that this insurance shall cover loss or damage to the subject-matter insured caused by piracy and the consequences thereof or any attempt thereat.



この保険契約に含まれる他のいかなる規定にかかわらず、協会戦争約款(貨物)第1条2項における「上記第1条1項で担保される危険から生じる」は削除され、この保険は海賊およびこの結果またはこれにおける一切の企図による保険の目的物の滅失または損傷を補償します。


【具体的な補償内容】
第1条より被保険貨物の滅失または損傷を補償しますが、費用損害や間接損害は不担保となります。

①戦争、内乱、革命、謀反、反乱もしくはこれらから生じる国内闘争等に起因した損害を補償します。
②戦争中および平和時の国家権力の発動に伴う「捕獲、拿捕(だほ)、拘束、抑止または抑留およびそれらの一切の危険」を補償しています。
③戦争中に遺棄された機雷、魚雷、爆弾または他の遺棄された兵器に起因して、戦争終了後にそれらに接触して起きた損害も補償されます。





General Average



2. This insurance covers general average and salvage charges, adjusted or determined according to the contract of carriage and/or the governing law and practice, incurred to avoid or in connection with the avoidance of loss from a risk covered under these clauses.


【要 旨】
共同海損

第2条 この保険は、本約款で担保される危険による損害を避けるためかまたはこれを避けることに関連して生じ、運送契約および/または準拠法および慣習に従って精算されまたは決定された共同海損および救助料を補償します。


【注 釈】
戦争危険で担保されている危険による損失を回避するために生じた共同海損および救助料の補償をマリンリスクとは別に規定しています。




EXCLUSIONS

3. In no case shall this insurance cover

3.1 loss damage or expense attributable to wilful misconduct of the Assured

3.2 ordinary leakage, ordinary loss in weight or volume, or ordinary wear and tear of the subject-matter insured

3.3 loss damage or expense caused by insufficiency or unsuitability of packing or preparation of the subject-matter insured 
to withstand the ordinary incidents of the insured transit where such packing or preparation is carried out by the Assured or their employees or prior to the attachment of this insurance(for the purpose of this Clause 3.3 ”packing” shall be deemed to include stowage in a container and “employees” shall not include independent contractors)

3.4 loss damage or expense caused by inherent vice or nature of the subject-matter insured

3.5 loss damage or expense proximately caused by delay, even though the delay be caused by a risk insured against (except expenses payable under Clause 2 above)

3.6 loss damage or expense 
caused by insolvency or financial default of the owners managers charterers or operators of the vessel where, at the time of loading of the subject-matter insured on board the vessel, the Assured are aware, or in the ordinary course of business should be aware, that such insolvency or financial default could prevent the normal prosecution of the voyage.
This exclusion shall not apply where the contract of insurance has beenassigned to the party claiming hereunder who has bought or agreed to buy the subject-matter insured in good faith under a binding contract.


3.7 any claim based upon loss of or frustration of the voyage or adventure

3.8 loss damage or expense 
directly or indirectly caused by or arising from anyhostile use of any weapon or device employing atomic or nuclear fission and/or fusion or other like reaction or radioactive force or matter.


【要 旨】
免責事由

第3条 この保険は、いかなる場合においても以下のものを補償しません。

3.1 被保険者の故意の違法行為に原因を帰し得る滅失、損傷または費用

3.2 被保険貨物の通常の漏損、重量もしくは容積の通常の減少または自然の消耗

3.3 この保険の対象となる輸送に通常生じる出来事に堪えることができるはずの被保険貨物の梱包または準備が、不十分または不適切であることによって生じる滅失、損傷または費用。ただし、その梱包または準備が、被保険者もしくはその使用人によって行われる場合またはこの保険の危険開始前に行われる場合に限る(「梱包」にはコンテナヘの積付けを含むものとし、「使用人」には独立した請負業者を含まない)。

3.4 被保険貨物の固有の瑕疵(かし)または性質によって生じる滅失、損傷または費用

3.5 遅延が担保危険によって生じた場合でも、遅延によって生じる滅失、損傷または費用(上記第2条によって支払われる費用を除く)

3.6 船舶の所有者、管理者、用船者または運航者の支払不能または金銭債務不履行によって生じる滅失、損傷または費用。ただし、被保険貨物を船舶に積込む時に、被保険者がそのような支払不能または金銭債務不履行が、その航海の通常の遂行を妨げることになり得ると知っているか、または通常の業務上当然知っているべきである場合に限る。
本免責規定はある拘束力のある契約に従って、善意で被保険貨物を購入した者もしくは購入することに同意した者に保険契約が譲渡され、その者が本保険により保険金を請求する場合には適用されない。

3.7 航海もしくは航海事業の喪失または中絶に基づく一切の保険金請求

3.8 直接であると間接であるとを問わず、原子核の分裂および/もしくは融合もしくはその他類似の反応または放射能もしくは放射性物質を利用した兵器または装置の敵対的使用によって生じる、またはそれらの敵対的使用から生じる滅失、損傷または費用


【注 釈】
協会貨物約款と同様の免責内容ですが、第3条7項で、「航海もしくは航海事業の喪失または中絶に基づく一切の保険金請求」が免責となっています。具体的に考えられるのは、運送打切港での荷役・保管費用や継搬費用などの諸費用損害も免責されています。




第4条 <I.C.C.(2009)第5条と同様>




DURATION

Transit Clause

5.1 This insurance

5.1.1 attaches only as the subject-matter insured and as to any part as that part is loaded on an oversea vessel and

5.1.2 terminates, subject to 5.2 and 5.3 below, either as the subject-matter insured and as to any part as that part is discharged from an oversea vessel at the final port or place of discharge, or on expiry of 15 days counting from midnight of the day of arrival of the vessel at the final port or place of discharge, whichever shall first occur; nevertheless, subject to prompt notice to the Insurers and to an additional premium, such insurance

5.1.3 reattaches when, without having discharged the subject-matter insured at the final port or place of discharge, the vessel sails from, and

5.1.4 terminates, subject to 5.2 and 5.3 below, either as the subject-matter insured and as to any part as that part is thereafter discharged from the vessel at the final (or substituted) port or place of discharge, or on expiry of 15 days counting from midnight of the day of re-arrival of the vessel at the final port or place of discharge or arrival of the vessel at a substituted port or place of discharge, whichever shall first occur.

5.2 If during the insured voyage the oversea vessel arrives at an intermediate port or place to discharge the subject-matter insured for on-carriage by oversea vessel or by aircraft, or the subject-matter insured is discharged from the vessel at a port or place of refuge, then, subject to 5.3 below and to an additional premium if required, this insurance continues until the expiry of 15 days counting from midnight of the day of arrival of the vessel at such port or place, but thereafter reattaches as the subject-matter insured and as to any part as that part is loaded on an on-carrying oversea vessel or aircraft. During the period of 15 days the insurance remains in force after discharge only whilst the subject-matter insured and as to any part as that part is at such port or place. If the subject-matter insured is on-carried within the said period of 15 days or if the insurance reattaches as provided in this Clause 5.2

5.2.1 where the on-carriage is by oversea vessel this insurance continues subject to the terms of these clauses, or

5.2.2 where the on-carriage is by aircraft, the current Institute War Clauses (Air Cargo) (excluding sendings by Post) shall be deemed to form part of the contract of insurance and shall apply to the on-carriage by air.

5.3 If the voyage in the contract of carriage is terminated at a port or place other than the destination agreed therein, such port or place shall be deemed the final port of discharge and this insurance terminates in accordance with 5.1.2. If the subject-matter insured is subsequently reshipped to the original or any other destination, then provided notice is given to the Insurers before the commencement of such further transit and subject to an additional premium, this insurance reattaches

5.3.1 in the case of the subject-matter insured having been discharged, as the subject-matter insured and as to any part as that part is loaded on the on-carrying vessel for the voyage;

5.3.2 in the case of the subject-matter not having been discharged, when the vessel sails from such deemed final port of discharge; thereafter such insurance terminates in accordance with 5.1.4.

5.4 The insurance against the risks of mines and derelict torpedoes, floating or submerged, is extended whilst the subject-matter insured or any part thereof is on craft whilst in transit to or from the oversea vessel, but in no case beyond the expiry of 60 days after discharge from the oversea vessel unless otherwise specially agreed by the Insurers.

5.5 Subject to prompt notice to Insurers, and to an additional premium if required, this insurance shall remain in force within the provisions of these Clauses during any deviation, or any variation of the adventure arising from the exercise of a liberty granted to carriers under the contract of carriage.

(For the purpose of Clause 5 “arrival” shall be deemed to mean that the vessel is anchored, moored or otherwise secured at a berth or place within the Harbour Authority area. If such a berth or place is not available, arrival is deemed to have occurred when the vessel first anchors, moors or otherwise secures either at or off the intended port or place of discharge “oversea vessel” shall be deemed to mean a vessel carrying the subject-matter from one port or place to another where such voyage involves a sea passage by that vessel)


【要 旨】
保険期間

輸送条項

第5条

5.1 この保険は

5.1.1 被保険貨物およびその一部についてはその部分が航洋船舶に積込まれた時にのみ開始し、

5.1.2 下記第5条2項および第5条3項の規定に従うこととして、被保険貨物およびその一部についてはその部分が最終荷卸港または荷卸地において航洋船舶から荷卸される時、
または
最終荷卸港または荷卸地に航洋船舶が到着した日の午後12時から起算して15日を経過する時のうち、
いずれか先に生じた時に終了する。
上記にかかわらず、
遅滞なく保険者に通知し、かつ割増保険料が支払われることを条件として、この保険は

5.1.3 航洋船舶が最終荷卸港または荷卸地において被保険貨物を荷卸しすることなく、そこから出航する時に再開し、

5.1.4 下記第5条2項および第5条3項の規定に従うこととして、被保険貨物およびその一部についてはその部分が、その後最終の(または代替の)荷卸港または荷卸地において航洋船舶から荷卸しされる時、

または

航洋船舶が最終荷卸港もしくは荷卸地に再び到着した日、または代替の荷卸港もしくは荷卸地に到着した日の午後12時から起算して15日間を経過する時、

のうち、いずれか最初に起きた時に終了する。



5.2 この保険の対象となる航海中に、他の航洋船舶または航空機によって継搬するために、航洋船舶が中間の港または地に被保険貨物を荷卸しすべく到着する場合、または被保険貨物が避難港もしくは避難地において荷卸しされる場合には、この保険は、下記第5条3項の規定に従い、かつ要請に応じて割増保険料が支払われることを条件として、航洋船舶がこれらの港または地に到着した日の午後12時から起算して15日を経過する時まで継続するが、その後は被保険貨物およびその一部についてはその部分が継搬用の航洋船舶または航空機に積込まれる時に再開する。上記15日の期間内においては、被保険貨物およびその一部についてはその部分が、荷卸し後これらの港または地にある間のみこの保険契約は有効に存続する。被保険貨物がその15日の期間内に継搬されるか、または本第5条2項に従い保険が再開する場合において、

5.2.1 継搬が航洋船舶によるときは、この保険は本約款の条件に従って継続し、

または

5.2.2 継搬が航空機によるときは、現行協会戦争約款(航空貨物)(郵便物を除く)がこの保険の一部を構成するものとみなされ、航空輸送による継搬に適用される。



5.3 運送契約上の航海が同契約において合意された仕向地以外の港または地において打切られる場合には、その港または地をもって最終荷卸港とみなし、この保険は第5条1項2号に従って終了する。被保険貨物が、その後、元の仕向地またはその他の仕向地へ再び積送される場合には、再輸送の開始前に保険者に通知がなされ、かつ割増保険料が支払われることを条件として、この保険は以下の時に再び開始する。

5.3.1 被保険貨物が荷卸しされた場合には、被保険貨物およびその一部についてはその部分が航海のために継搬航洋船舶に積込まれる時、

5.3.2 被保険貨物が荷卸しされなかった場合には、航洋船舶が最終荷卸港とみなされた港を出航する時、

上記いずれかの時以後、この保険は第5条1項4号に従って終了する。



5.4 浮遊しているかまたは水面下に沈んでいる機雷および遺棄魚雷の危険に関しては、この保険は、被保険貨物またはその一部が航洋船舶へのまたは航洋船舶からの輸送中は艀に積まれている間にも担保が拡張されるが、保険者によって特に認められた場合を除き、いかなる場合においても航洋船舶からの荷卸後60日間を超えて担保しない。

5.5 遅滞なく保険者に通知がなされ、かつ要請に応じて割増保険料が支払われることを条件として、この保険は、運送契約によって運送人に与えられた自由裁量権の行使から生じる一切の離路または危険の変更の期間中も、本約款の諸規定の範囲内で有効に存続する。

(第5条を適用するにあたっては、「到着」とは、船舶が港湾当局管轄区域内のバースまたは場所に投錨、係留またはその他の方法で定置されることをいう。そのようなバースまたは場所を使用できない場合には、到着は、荷卸しを予定した港もしくは地またはその沖合に船舶が最初に投錨、係留またはその他の方法で定置された時に生じたものとみなされる。「航洋船舶」とは、ある港または地から他の港または地に保険の目的物を輸送する船舶で、その航海中に当該船舶による海上航行を含む場合の船舶をいう。)





Change of Voyage

6.1 Where, after attachment of this insurance, the destination is changed by the Assured, this must be notified promptly to Insurers for rates and terms to be agreed. Should a loss occur prior to such agreement being obtained cover may be provided but only if cover would have been available at a reasonable commercial market rate on reasonable market terms.

6.2 Where the subject-matter insured commences the transit contemplated by this insurance (in accordance with Clause 5.1), but, without the knowledge of the Assured or their employees the ship sails for another destination, this insurance will nevertheless be deemed to have attached at commencement of such transit.


【要 旨】
航海の変更

第6条

6.1 この保険の危険開始後に被保険者が仕向地を変更する場合は、遅滞なくその旨を保険者に通知し、保険料率および保険条件の協定をしなければならない。その協定前に損害が発生した場合は、営利保険市場において妥当と考えられる保険条件および保険料率による担保が得られるときに限り、担保が提供される。

6.2 被保険貨物が、(輸送条項の第5条1項に従い)この保険によって企図された輸送を開始したが、被保険者およびその使用人が知らずして、船舶が別の仕向地に向けて出帆した場合であっても、この保険はその輸送開始の時に危険が開始したものとする。


【注 釈】
運送人の自由裁量権の行使に基づく“change of voyage”は、遅滞なく保険者に通知し、必要があれば割増保険料を支払うことを条件として担保が継続される旨を新I.W.C.約款5.5に規定していています。



7.Anything contained in this contract which is inconsistent with Clauses 3.7/3.8 or 5 shall, to the extent of such inconsistency, be null and void.


【要 旨】
第7条 この保険契約に規定された事項のうち、第3条7項、第3条8項または第5条に抵触するものは、その抵触の範囲において無効とする。


【注 釈】
航海中絶と核兵器および戦争危険の保険期間の各免責は、この保険証券中の他の規定にも優先し、抵触する規定は無効とする旨を明記しています。




CLAIMS
Insurable Interest<I.C.C.(2009)第11条と同様>
保険金の請求
被保険利益
第8条

Increased Value<I.C.C.(2009)第14条と同様>
増値
第9条




BENEFIT OF INSURANCE<I.C.C.(2009)第15条と同様>
保険の利益
第10条




MINIMISING LOSSES<I.C.C.(2009)第16条と同様>
Duty of Assured
損害の軽減
被保険者の義務
第11条

Waiver<I.C.C.(2009)第17条と同様>
権利放棄
第12条




AVOIDANCE OF DELAY<I.C.C.(2009)第18条と同様>
遅延の回避
第13条




LAW AND PRACTICE <I.C.C.(2009)第19条と同様>
法律および慣習
第14条




NOTE:-<I.C.C.(2009) NOTEと同様>

注意: