東京スイミングセンター<その3>

□ 趣味・健康

<その1><その2>が好評だったため、

調子に乗って<その3>です!

 

 

今回は選手育成コースについて書きます。

と、言いましても、我が息子(小1)は、まだ選手育成コースに上がりたてのため、内部の奥底の方の事情までは解りかねます。参考程度に読んでください

 

 

さてさて<その1>でも少し触れましたが、選手育成コースに上がるには、幼児・小学生コースに在籍し、小学4年生までに24項目まで合格することが条件なのですが。。。2012年からショートカットコースが登場しました!

 

 

背景を説明しますと、

少子化の昨今、東京スイミングセンターや、イトマンスイミングスクールなど、世界で戦える選手を自前で輩出する水泳教室では、「小1から囲い込め!」という風潮があるそうです。

 

小4くらいで選手コースに上がっても、勉強塾との兼ね合いで水泳をやめてしまうお子さんが多い。もっと幼いころから「選手育成コース」の名のもと、特別意識を持たせて育てる。タイムが伸びれば、各種大会にも出場できるし、そこで良い成績を残すことが出来ればさらにやる気が出て、親からやめろと言われても生徒本人がやめたがらない。

そして教室側から見れば、より多人数の底辺から才能のある選手を見つけることが出来る。

どうもそんな事情があるようです。

 

この背景を踏まえたうえで、前述のショートカットコースに繋がるのですが・・・

 

幼児・小学生コースに在籍し、小学校2年生の12月までに18項目目に合格できれば、A7クラスという未就学児童・小1・小2のみ在籍する選手育成コースに自動的に編入されるのです。(18項目までに4泳法、飛び込み、3種のターンは習得できます)

編入時は100m個人メドレーを練習します。

 

何が変わるか。。。

はい、まずは月謝が上がります。(月6回コースに比べて)

A7コースは週2回のお休みの日を除いて、その他の日はいつでも練習に参加できます。(毎日参加できれば月謝は割安になります)

練習カードが無くなります。

選手コース用の水着の着用が出来ます。

これまではコーチの裁量で「合格」をもらえましたが、選手育成コースは月一回あるセンター内記録会で基準タイムをクリアしなければ、上のクラスに上がれません。

 

長男は2012年12月21日に、選手育成コースに上がりました。

2010年7月に東京スイミングセンターに通い始めてから2年半。

最初の1年はほとんど進まず、1歩進んで2歩下がるの繰り返し。

次の1年でライバルが登場し、がぜんやる気を見せ始める。

残りの半年はライバルに抜かれたくない一心で、どんどんクラスが上がりました。

 

さてさて、選手育成コースに上がったと聞くと、さぞ泳ぎ上手だと思ってしまうでしょ?

A7クラスの子たちが泳いでいる姿は、ウミガメの赤ちゃんがパタパタ海に向かって歩んでいる姿によく似ています。

公式サイズの飛び込み台から飛び込むと、真下にお腹から落下し、しばらく浮上できない。

ターンをすれば方向性を見失い、プールの壁にゴッツン!なんて姿も見られます。

 

 

昨年12月に選手育成コースに上がった時の100m個人メドレータイムは3分15秒。

今年の2月に出した100m個人メドレーのベストタイムは2分29秒。

たった2か月間で45秒も短縮しています。まあそれだけ改善の余地がある泳ぎ方だってことですね!

 

確かに、小1で「選手育成コース」に上がったという事実は、長男にとってとても大きな自信につながっています。やはりショートカットコースは効果覿面ですね!

今まで順調に上達してきただけに、これから先、タイムが上がらないなどの「壁」に当たった時、本人がどのような行動を見せるのか(やめたいと言い出すのか、もっと練習したいと言い出すのか)楽しみに見守っております。

 

次回はセンター内記録会について書こうと思います。

 

2013年2月

最後に私的意見ですが、小2までに18項目まで終了できるという事は、親が習い事に対して熱心だという証拠です。余程ご近所に住んでいない限り、親が付き添って通うわけですから。子供の習い事の上達は親のマメさも重要なポイントとなります!

 

東京スイミングセンター<その1>

東京スイミングセンター<その2>



ブログランキングに参加していますので、
お手数ですがよろしければ「クリック」してください。
  ↓  ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
人気ブログランキングへ

« »

“東京スイミングセンター<その3>” への2件のフィードバック

  1. 十夜 より:

    はじめまして!
    たまにブログに来てまして息子さんの水泳の記事を拝見させてもらってます。

    スイミングコーチをしていたこともあり、こうゆう頑張る姿を見てこちらも嬉しい様な感じであります!

    今は二件のボランティアで子供達からたくさん元気や笑顔をもらっています。

    活躍してる姿をまた載せて下さいね!
    寒くなりましつので風邪にはお気をつけ下さい。

  2. 虎ノ門一族 より:

    十夜様
    コメントありがとうございます。
    水泳を始めたきっかけは「喘息」でしたが、熱心なコーチたちの指導のお陰で、水泳
    大好き!な子供になりました。
    幼い子供たちにとって、コーチの褒め言葉の一つ一つが自信につながり、さらに上を
    目指す原動力にもなります。
    親から褒められるより、コーチに褒められる方が効果覿面なんです!

    水泳のコーチやボランティア活動を通して、子供たちを指導していらっしゃるのです
    ね!
    子供たちから笑顔のパワーを受け取れるのは、十夜様が真剣に向き合っている証拠だ
    と思います。
    これからも、子供たちの笑顔のために活動を続けてくださいね!

    コメントありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です